ダイエットをして、お腹周りのお肉は落ちたのに、顔のお肉がなかなか取れない……そんなお悩みを抱えておられるでしょうか?

どうして、体が痩せても顔のお肉が落ちないのでしょうか。今回は、顔痩せだけは可能かどうかをご紹介していきます。

顔が痩せないのはそれは脂肪ではなくむくみかも?

お腹周りのダイエットには成功したのに、顔が痩せないとしたら、それは、もしかしたら、脂肪ではなく、むくみが原因で顔が大きいのかもしれません。むくみは、リンパの流れや血液の流れが悪いと、老廃物や水分が適切に排出されず皮膚の下に溜まってしまう現象です。

顔のむくみが生じる原因として、リンパの流れを悪くする冷えや、顔の筋肉を動かしていない、塩分の多い食事、アルコールなどが挙げられるでしょう。顔のリンパを流すマッサージなどを毎日行うと、顔全体がスッキリしていくはずです。

また、塩分を控えた食事にしたり、アルコールの摂り過ぎに気を付けたり、顔の全体の筋肉を動かす運動をしたりするのもむくみの解消におススメです。

肉が凝り固まっているのが原因かも?

顔が痩せない原因として、他に考えられるのが、顎のあたりの筋肉が発達しすぎて凝り固まっている可能性があります。

噛みしめる癖があったり、寝ている間に歯ぎしりをしたりしている方は、咬筋(こうきん)という顎の筋肉にいつも力が入っていて、発達してしまっているかもしれません。

歯ぎしりをしている方は、歯医者さんに行って診てもらって、マウスピースをはめて寝るなどして歯ぎしりをしないようにするのも良いでしょう。噛みしめる癖のある方は、意識して、ふと気付いたら顎の力を抜くようにしてください。

そして、顎の筋肉をマッサージすると、咬筋が固まっているのをほぐすことができるはずです。エラが張っていると思っていたら、実は噛みすぎているために発達したこの筋肉のせいだったということもあるほど、毎日の習慣は顔を作り上げます。

姿勢が悪いのが原因かも?

顔がなかなか痩せない原因として、それは姿勢の悪さ、体の歪みが挙げられます。頬杖を付く習慣はありませんか?毎日行っていると、顔は歪んでいき、太りやすくなるとされています。

他にも、うつぶせで寝たり、横向きに寝たりする習慣も体に歪みを生じさせます。また、カバンを片側で持つ習慣も歪みの原因の1つでしょう。

もし、心当たりのある方は、体や顔のバランスを保つために、そうした見直してみるのはいかがでしょうか?

まとめ

顔のお肉が落ちなくてお悩みの方、実は原因はお肉ではないかもしれません。ここでご紹介したものに当てはまるものはありませんでしたか?

むくみの解消、噛み方の改善、姿勢や癖を見直してみることで、顔をスッキリさせることができるかもしれません。ぜひ試してみませんか?